【警告】失恋すると脳が心臓を止めると発表される

【警告】失恋すると脳が心臓を止めると発表される

【警告】失恋すると脳が心臓を止めると発表される

260080_web (1)

1: ななしさん@発達中 2021/03/26(金) 19:58:04.85 ID:m403+DFC9

本日(金曜日)、European Heart Journal誌に掲載された研究結果によると、ストレスを感じる出来事によって引き起こされる脳内の活動の高まりが、まれで、時には致命的な心臓病の発症リスクと関連していることがわかりました[1]。

この研究では、脳の扁桃体領域の神経細胞の活動が大きいほど、「たこつぼ症候群(TTS)」と呼ばれる症状が早く発症することがわかりました。研究者らは、このストレスに関連した脳の活動を低下させるための介入が、TTSの発症リスクの低減に役立つ可能性があることを示唆しています。これらの介入には、薬物治療やストレスを低下させる技術などが考えられます。

TTSは、「ブロークンハート症候群(失恋症候群)」としても知られており、心臓の筋肉が一時的に弱くなることで、心臓の左心室が下に膨らみ、首が狭いままになり、日本のタコツボのような形になることが特徴で、その名前の由来となっています。1990年に初めて報告されて以来、この病気は、悲しみ、怒り、恐怖などの激しい感情的な苦痛や、楽しい出来事に対する反応が引き金となって発症することが示唆されています。患者は、胸の痛みや息苦しさを感じ、心臓発作や死に至ることもあります。TTSは女性に多く見られ、男性の発症率はわずか10%です。[2]

扁桃体は、感情、モチベーション、学習、記憶をコントロールする脳の一部です。また、自律神経系の制御や心臓機能の調整にも関与しています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

翻訳一部割愛全文はリンク先へ
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-03/esoc-sbl032421.php
https://media.eurekalert.org/multimedia_prod/pub/web/260080_web.jpg


続きを読む

続きを見る

凹凸ちゃんねるカテゴリの最新記事